2018年10月20日土曜日

新しい屏風のお披露目です!

10月20日、すみだ北斎美術館周辺で北斎祭りが行われます。

ずぼんぼプロジェクトのワークショップ会場はすみだ北斎美術館1Fの会議室です。
予約不要・誰でも参加できます。

1回目/10:30〜
2回目/13:00〜

ワークショップ以外の時間帯は、ずぼんぼデモンストレーションを行います。
組み立てたずぼんぼで遊んでみてくださいね。




こちらは片岡屏風店さんに制作していただいた屏風の裏側。
仕上がりまであと少し、屏風を乾燥させているところ。

2018年はアートプロジェクト・すみゆめの参加企画に選ばれたこともあり、色々な人が「あら面白そうね!」と言いノリノリで遊べるような屏風を作ることができました。


屏風はずぼんぼプロジェクトの活動には欠かせないもののひとつで、舞台装置のような役割を果たします。
正統派な山水画の枕屏風を使う時も、何故だか場の雰囲気がばしっと決まります。
大きさの大小を問わず、不思議なことに…屏風を使うほうががずぼんぼの飛び具合も好調です。

ワークショップ以外の時間帯はずぼんぼ遊びの体験を行います。
参加費は無料、うまく飛ぶコツもお伝えしますので、気軽にお立ち寄りくださいね。

おみやげのずぼんぼセット800円もありますよ!



2018年10月14日日曜日

10月20日(日) 北斎祭りに行ってみよう!

先月参加したイベント「江戸に浸かる」ご来場のみなさま、ずぼんぼプロジェクトのコーナーを見てくださった方々、どうもありがとうございました。

台風接近で会場構成が変わったため、当日にワークショップの時間帯を変更、随時参加OKで紹介することになりました。

今回のイベントで、4人以上の方の作業を見守る際は机よりも畳の床に座り込むほうが楽なことに気がつきました。今後のワークショップの参考にしてみます。


江戸に浸かるさんでは4体の藍染柄のずぼんぼを紹介しました

 













牛のずぼんぼは手綱(たずな)模様の浴衣、犬は菊の花柄の浴衣を着ています。

1020日の北斎祭り・昼の部では先月のアンケート結果を元に、なでしこなどの花の模様などを使ったずぼんぼを紹介します。

当日はずぼんぼプロジェクトのオリジナル屏風のお披露目も行うことになりました。
こちらもお楽しみに!



すみゆめの寄合などで声を掛けてもらうとき、「パタパタさん」と呼ばれることが多くなりました。手をひらひらさせるジェスチャーつきです。
“ずぼんぼプロジェクト”は覚えずらいのかもしれませんね。


 ずぼんぼプロジェクト

2018年9月28日金曜日

2018年秋、すみゆめに参加します!

みなさんこんにちは。
すっかり秋になり、イチョウの葉っぱもうっすら黄色くなりましたね。

墨田区内一円で行われるアートイベント“すみゆめ”(隅田川 森羅万象 墨に夢)の公募企画として、墨田区内で3回のワークショップを行うことになりました。

明日929日、30日は東向島にある旧向島中学校のイベント「江戸に浸かる。」に参加します。

尚、公式チラシに記載中の時間帯が変更になりました。
正しくは下記の日程となります。

ずぼんぼ作りワークショップ
29日(土):17001800

ずぼんぼ遊び
29日(土)15002000
30日(日)11001500 
【時間変更】
すみゆめ公式チラシに記載中の日曜14:00〜15:00はずぼんぼ遊びのみとなります。


青果リレーに始まり、夜は向島芸者さんとのお座敷遊びもありという盛りだくさんなイベントです。ぜひ遊びにいらしてください。
ずぼんぼセット(800円・うちわ付)の販売もあります!

台風接近中なので、雨対策は万全にお願いいたします。
雨天時の開催内容変更等はすみゆめのツィッター等でご確認ください。











         




新しい屏風を制作中です。

10月20日(土)の北斎祭りでお披露目予定です。お楽しみに!






今後の予定
1020日(土) すみだ北斎美術館1F(北斎祭り、昼の部に参加)
1117日(土)・18日(日) 望月印刷株式会社・業平工場(スミファと同日程)

2017年11月22日水曜日

11月25日・26日 ワークショップ開催のお知らせ

1125日(土)・26日(日)に墨田区の町工場を巡るイベント「スミファ」でずぼんぼ制作ワークショップを開催します。

場所はスカイツリーのふもと、墨田区業平にある望月印刷(株)業平工場。

「スミファ」は区内39カ所の町工場が一般開放されるイベントです。
工場ツアーや当日参加可能なワークショップ、町工場同士の合同企画もありますよ。工場の職人さんとお話ししながら、さまざまな技術、もの作りの現場を肌で感じてみませんか?

こちらでも予約が可能です!
望月印刷株式会社ウェブサイト


11月25日(土) 14:00〜は、たばこと塩の博物館でもワークショップあり。
こちらではオリジナルキャラクター「うおきち」のずぼんぼを制作します!

2017年8月31日木曜日

ワークショップ報告 その1

8月最後の日曜日、無事天候にも恵まれ、ずぼんぼ作りワークショップを開催することができました。
当日の模様を報告します。

今回は、牛嶋神社で行われる5年に一度のお祭(2017年は9月15日〜17日)にちなみ、牛のずぼんぼを作ろう!という内容なので、まずは牛嶋神社に散策を兼ねてお参り。




撫で牛(なでうし)を撫でたり、狛牛を数えたり…いろんな牛がいましたね。
散策の後は、いよいよずぼんぼ作りです。


「組み立てたらどんな形になるんだろう?」モノクロ刷りのシートに色を塗っている時は、なかなか完成時の姿を想像しずらいけれど、蜆(しじみ)の重りをつけ、姿形が見えてくると「なるほど!」と納得の面持ちになり、屏風の前に置いてうちわで扇ぐと「あら、本当に飛ぶのね!」と、みなさん驚きいっぱいでした。


今回は、墨田区内の畳屋さん・屏風屋さんのご厚意により、会場に畳と屏風を置くことができました。
かつて隅田川近辺の子ども達が、ずぼんぼ遊びをしていた頃のようなセッティングで、参加者のみなさんがずぼんぼ遊びを楽しむことができ、とても「すみゆめ」らしいワークショップとなりました。ご協力どうもありがとうございます。

どうして畳と屏風があるの?については、ワークショップ報告その2でお伝えしますね。



2017年8月21日月曜日

8月最後の日曜は、墨田区でずぼんぼ遊び! 


東京は今週中頃から暑さが戻るようですね。


来たる8月27日(日)、墨田区役所1Fの区民ギャラリーで牛のずぼんぼを作るワークショップを行います。

ずぼんぼって一体なあに?
聞いたことないよ、という方が大多数かと思いますが
広辞苑にも載っている、日本のおもちゃのひとつなんですよ。


足にしじみを巻き付けた、とってもかわいい足元。
扇ぐと揺れる顔やしっぽ、ひっくり返ったときの笑える動き。
実際に作って、遊んで、どんなものか体験してみませんか〜?

申込はすみゆめ踊行列のウェブサイトからお願いいたします。



秋以降のイベント予定・お知らせは、このブログで告知します。
お楽しみに!



写真:朝顔と猫のずぼんぼ




2017年6月3日土曜日

ワークショップご来場ありがとうございました。 

このたびモノマチナイン公式プログラム「子どモノマチ」にて、はじめて「ずぼんぼプロジェクト」を開催しました。現代版にアレンジした、かわいくおかしな姿のずぼんぼを紹介し、大変好評いただきました。


撮影担当から当日の画像が届いたので、望月印刷さんでの作業などと共に紹介します。


         
イベント4日前、印刷時のひとコマ。刷り出しをチェックしているところです。今回は印刷時に”版"を使わないため、スピーディーに小部数の印刷ができるオンデマンド印刷を利用しました。納期までの日数が短いので、開催直前までどんな色や柄にするか?あれこれ悩むことができました。


ずぼんぼの足の重りに使うシジミの貝殻。青森県の十三湖で採れたものです。


ずぼんぼ遊びに欠かせない屏風・衝立(ついたて)は、印刷物を梱包するための段ボールを再利用。

当日はこのように設営しました。


台東区・佐竹商店街周辺にお住まいの家族連れをはじめ、遠方からいらした方、2日続けて遊びに来てくれた方もおりました。皆さん、楽しんで頂けたでしょうか?




ご来場のみなさま、ずぼんぼプロジェクトにご協力いただきましたみなさまに感謝いたします。

次のワークショップ開催については7月頃にお知らせします。
しばらくお待ちくださいね。